車をきれいに長く乗るために塗装が剥げてしまっている時は板金塗装を

SITEMAP

板金塗装

RECENT CONTENTS

車の側面

板金塗装の業者を探していくために

これから板金塗装をしてもらいたいと考えている人はいるでしょう。板金塗装をしてもらうのであれば、…

黒い車

板金塗装を自分でしていくためには

板金塗装を板金塗装業者に任せるのではなくて、自分でしていきたいと考えている人はいるでしょう。や…

山中を走る車

板金塗装業者に依頼するときの注意点

これから板金塗装業者に板金塗装を依頼しようと思っている人はいるでしょう。そのような人は、板金塗…

真っ赤な車

どんな色を選ぶのがいいのか

雨樋のメンテナンス時期は、雨樋を新設してから5年から10年程度を目安に行う事が一般的です。もし…

知っておきたい、車にとってもよい板金塗装

車を運転していて、ちょっとした不注意から車にすり傷をつけたりドアをへこませてしまったことがありませんか。ほんの少しだとそのままにしておくか、自分で車用の塗装を買ってきて塗ることもあるでしょう。けれど、本当にこれで大丈夫なのでしょうか。実は板金塗装というのは、ほんの1ミリでも塗装が剥げてしまうと、そこからどんどん錆びてしまいます。自分でやるのはいいのですが、きちんとした処理をしたうえでやらないと、まったく意味がありません。板金塗装への知識がある人は下処理をしっかりやります。しかし、素人は車と同じ色をすり傷の上から塗るだけで済ませがちです。この程度の応急処置では1年くらいしたら錆びだらけということもあります。
見て分かるくらい塗装が剥げてしまっている場合は、板金塗装をしている自動車工場などに出した方が良いのです。そして、板金屋さんに出すときは必ず見積もりをしてもらいましょう。その方があとあと「こんなにお金がかかると思わなかった」という事態を防ぐことができます。今は塗装修理もいろいろな技術があり、あまりお金をかけて直したくない場合はその金額に見合った修理方法でやってくれます。
だだし、車の傷やへこみが激しいときはそれなりの修理代がかかるということは覚悟しましょう。車は買って終わりではありません。普段からメンテナンスをきちんとして、車をきれいに長く乗るために、ときに思い切って修理に出すことも必要です。

板金塗装の特徴と流れ

板金塗装は一般的に自動車を修復する作業の事で、板金と塗装の二つも工程に分けて修復作業をしていきます。事故を起こしてしまったりして車のボディを傷つけてしまった時に、修復するために板金塗装を行います。板金塗装は板金と塗装の二つも工程に分けて修復作業をしていきますが、最初に行われる作業は板金の工程です。板金は傷ついてしまったりへこんでしまったりした部分を元に近い状態い修復していく作業です。へこんでしまった箇所をハンマーで叩いて、その後に微調整をして形状を整えていきます。また傷ついてしまっている箇所は溶接機を使って溶接するなどして修復していきます。
板金の工程の作業が終了したら今度は塗装の工程に移っていきます。塗装の工程は板金の工程で修復した箇所を元のボディカラーに塗装していく作業です。板金の工程で修復する部分は、ヤスリで削られているのでツルツルになっています。そのため塗装する事によって元に近い状態で塗装する事が出来ます。最初に下塗りをしてから本塗りをするので質の高い塗装をする事が出来ます。仕上げとして最後にクリアを塗って磨き上げて塗装の工程が完了となります。
板金塗装は職人の腕にによって質が大きく変わってきてしまう事があります。そのため複数の業者を見比べて良質な業者に依頼するといいでしょう。

板金塗装は車に限ったことではないです

板金塗装といえば車の塗装に関することを意識するでしょうが、別にそう決まっているわけではないです。しかし、一般的には板金塗装といえば車の塗装を言うことが多いでしょう。では、どうしてそんなことをするのか、といいますとこれは車の為です。見栄えの為、ということもありますが、傷ついてしまった自動車のパーツを板金と塗装という過程によって、再生させるわけです。板金と塗装、という基本的にはわかれた工程になっています。これはどんなことかといいますと端的に言えば形を整える工程になります。方法は色々とありますが、板金ハンマーと当て板を利用して、行われるハンマリングが基本です。
そして、溶接したり、半田を使うこともあります。そしてへこんだところや痛んでいるところを修復して、その上から塗装をすることになります。塗装が剥がれているとそこから車体全体に錆がどんどん広がって行くことになります。ですから、塗装をするわけです。何もカッコいいからやっているわけではないです。そうした側面がないわけではないですが、車の板金塗装はあくまで車体を守るためにやっていることになります。どんな塗料がよいのか、という違いも実は色々と細かいことがあります。

UPDATE POST

TOPへ