車をきれいに長く乗るために塗装が剥げてしまっている時は板金塗装を

SITEMAP

板金塗装

どんな色を選ぶのがいいのか

真っ赤な車

雨樋のメンテナンス時期は、雨樋を新設してから5年から10年程度を目安に行う事が一般的です。もし雨樋のメンテナンスを行う場合は、外壁塗装と同じタイミングでメンテナンスするといいでしょう。また、外壁塗装を依頼する時に、雨樋の板金塗装を行うか交換を行うのかも合せて診断してもらうといいでしょう。もし、この時に雨樋が壊れていたり、支える部品が酷く劣化している場合は雨樋の交換を行いましょう。なぜならば、基本的に雨樋の劣化は板金塗装では改善しないからです。ただし、あまり劣化していない場合は、雨樋を板金塗装しても問題ないので、外壁塗装と一緒に行いましょう。
では、実際に雨樋を板金塗装する場合、どの様な色の塗装を選ぶのがいいでしょうか。一般的に選ばれている色は、茶色や深緑などのアースカラーで板金塗装を行うケースが多いようです。家の外装にアクセントを求める方は、赤や黄色などのビビットな色を選ぶのもいいですが、無難に板金塗装を行うならば、外壁に合うような色を選択するのが無難です。いずれにせよ板金塗装を行う場合には、系統が異なる色を3色以上使わないようにすることが重要です。ですから、雨樋の板金塗装を検討する際には、施工業者のカラーサンプルを参照しながら選定するといいでしょう。

RECENT CONTENTS

車の側面

板金塗装の業者を探していくために

これから板金塗装をしてもらいたいと考えている人はいるでしょう。板金塗装をしてもらうのであれば、…

黒い車

板金塗装を自分でしていくためには

板金塗装を板金塗装業者に任せるのではなくて、自分でしていきたいと考えている人はいるでしょう。や…

山中を走る車

板金塗装業者に依頼するときの注意点

これから板金塗装業者に板金塗装を依頼しようと思っている人はいるでしょう。そのような人は、板金塗…

真っ赤な車

どんな色を選ぶのがいいのか

雨樋のメンテナンス時期は、雨樋を新設してから5年から10年程度を目安に行う事が一般的です。もし…

UPDATE POST

TOPへ